nppn01

「百花繚乱ニッポン×ビジュツ」展、記者発表会!

投稿日: カテゴリー: 未分類
Pocket

出典:葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》天保1−天保3年(1830-32)頃 東京富士美術館所蔵

 

8月25日(日)より京都文化博物館にて開催される「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ」展の記者発表会が

通常は非公開の二条城内の庭園・清流園の茶室の香雲亭にて、出品される岩佐派《源氏物語図屏風》(江戸時代前期)を背景に

贅沢なシチュエーションの中で行われ、わたくしも文博ミュージアムショップ店長をやっております関係で、行ってまいりました!

DSC_0304
DSC_0304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都府知事の西脇隆俊さま、京都市長の門川大作さま、京都文化博物館館長の山田啓二さまから、挨拶の言葉と共に始まりました。

 

 

nppn02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊藤若冲《象図》 寛政2年(1790) 東京富士美術館所蔵

 

 

 

 

この展覧会は同時期に日本で初めて催される、ICOM(国際博物館会議)京都大会も記念しており、東京富士美術館の約3万点の多岐にわたる所蔵品中から、日本美術の名品が文字通り「百花繚乱」とわかりやすく、気になるキーワード「キモカワ」「サムライ」「デザイン」「黄金の国」「四季」「富士山」をもとにコンパクトにまとめて展示されるそうです!

 

nppn03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌川国芳《みかけハこハゐがとんだいゝ人だ》 弘化4-嘉永5(1847-52)年 東京富士美術館所蔵

 

nppn04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刀 銘 和泉守藤原兼定作(之定)美濃 室町時代中後期 東京富士美術館所蔵

 

 

また今回の記者発表の中で、面白いなと思ったのが恵泉女学園大学と東京工業大学による文化財研究へのAIとVRの活用です。源氏物語絵巻の絵師論争に決着をつけたいと、深層学習法による源氏絵の流派推定や、VR技術を活用して、当時の屏風鑑賞を再現するなど、新しい技術による美術史研究の新しい試みに、感動しました。

 

nipponbijutsu2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主催者は、京都新聞社さん・テレビ大阪さんなどが入り、多くの入館が見込まれるのではないでしょうか。
またこの時期はICOM KYOTO 2019 (国際博物館会議京都大会)もありますので
ICOM期間中(9月1日~9月7日)は、京都市内各所で同イベントも開催される予定です。

 

残暑のまだまだ厳しい頃の開催となりますが、京都文化博物館を起点にそのまま、「京都」ゆかりの作品・作者のゆかりの地を訪ねてみてはいかがでしょうか?

 

展覧会名:ICOM京都大会開催記念 京都新聞創刊140年 東京富士美術館所蔵

「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ」展

会期:8月25日(日)~9月29日(日)

会場:京都文化博物館4階

主催:京都府、京都文化博物館、京都新聞、テレビ大阪