便利堂のあゆみ

明治20年 1887 ・中村弥二郎貸本業便利堂を創業
明治21年 1888 ・出版部門を併設
明治22年 1889 ・内村鑑三著「後世への最大遺物」刊行
 この頃より絵はがきの企画販売を始め、わが国の絵はがきブームの先駆者的役割を担う
  (「君が代絵はがき」「夏子絵はがき」「ベースボール絵はがき」等)
明治38年 1905 ・コロタイプ印刷工場新設
明治39年 1906 ・清水寺、法隆寺等より絵はがき製作受注、以後社寺を中心に全国に拡がる
・・・・・・・・・・・・
大正15年 1926 ・宮内庁図書寮本「日本書紀」印刷、以後複製事業として定着
・・・・・・・・・・・・
昭和2年 1927 ・原色版印刷工場新設
昭和3年 1928 ・便利堂内に貴重図書影本刊行会を設け、以後32種の貴重本を複製刊行
昭和4年 1929 ・日本名画譜仏画篇刊行会発足
昭和10年 1935 ・法隆寺金堂壁画原寸大写真撮影
昭和11年 1936 ・東京出張所(現営業所)銀座において業務を開始 ・「明治聖徳記念絵画館壁画集」刊行
昭和14年 1939 ・創業以来の個人経営を株式会社組織に改む
昭和15年 1940 ・東京帝室博物館(現東京国立博物館)に常設売店設置
昭和26年 1951 ・「法隆寺金堂壁画集」刊行
昭和29年 1954 ・朝日新聞社主催「フランス美術展」会場で絵はがき・額絵・目録を製作販売、
 以後今日まで各種美術展覧会に関わる
昭和30年 1955 ・正倉院より宝物台帖用写真の撮影を受注
昭和31年 1956 ・創業70周年記念事業として東京銀座松坂屋において便利堂「名作複製展」を開催
昭和34年 1959 ・中村竹四郎社長文化財保護委員会より文化財功労賞を受賞
昭和36年 1961 ・文化財保護法施工10周年記念出版「国宝事典」刊行
昭和41年 1966 ・便利堂製作の「姫路城絵はがき」全国絵はがきコンクールにおいて、日本商工会議所会頭賞を受賞
・大英博物館「女史箴図巻」の原寸大完全複製完成、
 カラーコロタイプによる書画の完全複製が本格化
・京都国立博物館に常設売店設置
昭和42年 1967 ・宮内庁より良子皇后陛下の作品集「桃苑集」の謹製方御下命を受ける
昭和44年 1969 ・出版社の依頼により写真部フィレンツェに派遣
昭和46年 1971 ・複製美術センター開設、商品部として今日に至る
昭和47年 1972 ・高松塚古墳内の壁画を苦心撮影「高松塚中間報告書」印刷
昭和49年 1974 ・アンドレ・マルロー氏来訪
昭和50年 1975 ・中村桃太郎社長生前の功績により勲四等瑞宝章追贈さる
・鉄斎美術館に常設売店設置
昭和51年 1976 ・東京営業所内に美術センターギャラリー設置
昭和52年 1977 ・名古屋城対面所襖絵複製、以後大型複製つづく
昭和53年 1978 ・新社屋建設起工(55年2月竣工)
昭和55年 1980 ・オフセット印刷工場新設
昭和56年 1981 ・国立歴史民俗博物館と契約成り、「正倉院文書」複製事業発足
昭和60年 1985 ・「大西良慶選集」(全6巻)刊行
昭和61年 1986 ・「泰西王侯騎馬図」原寸複製受注、福島県立博物館と神戸市立博物館とに納入
昭和62年 1987 ・造本装幀コンクールにおいて講談社刊行・当社印刷「秘蔵浮世絵大観」が文部大臣賞、
 岩波書店刊行・当社印刷「平等院大観」が日本書籍出版協会理事長賞、
 同「アンドレ・ケルテス写真集」が審査委員会奨励賞をそれぞれ受賞
昭和63年 1988 ・創業100周年 記念祝賀会及び記念事業として「国宝に挑む複製の技」展を京都・東京にて開催
・京都文化博物館開館に伴いミュージアムショップ運営開始
・・・・・・・・・・・・
平成2年 1990 ・「斑鳩藤ノ木古墳第一次調査報告書」印刷
平成3年 1991 ・横浜市三渓園障壁画約100面の複製事業に着手
平成4年 1992 ・T&T事業部発足、新商品部門に進出
平成5年 1993 ・大型コロタイプ印刷機(DAX)新設
平成6年 1994 ・電子画像処理装置(ダヴィンチ)導入
平成7年 1995 ・千葉市美術館開館に伴いミュージアムショップ運営開始
平成8年 1996 ・インターネット上に便利堂ホームページ開設
平成9年 1997 ・東京営業所移転
平成10年 1998 ・三菱地所アルティアム(福岡イムズ)ミュージアムショップ運営開始
・岡山県立美術館ミュージアムショップ運営開始
・第32回造本装幀コンククール展において「広重六十余州名所図会」が通産大臣賞を受賞
平成11年 1999 ・福岡アジア美術館開館に伴いミュージアムショップ運営開始
ページのトップに戻る▲